当時はカミソリで剃ったり、除毛剤で処理していましたが

Posted by on 6月 15, 2016
体験談

思春期の頃から、足や脇のむだ毛が気になり始めました。

当時はカミソリで剃ったり、除毛剤で処理していましたが、徐々に濃くなっていくばかり。特に膝下の毛がみるみる濃くなってしまったので、体育の授業やクラブ活動などが憂鬱になりました。スカートを履きたくても、どうしてもむだ毛が気になって自信もなくなってしまい、自然とオシャレもあまりできなくなってしまいました。

卒業後自分でお給料を稼ぐようになってから、念願のレーザー脱毛を膝下と脇の下に行ないました。どんなものか不安が大きかったので、皮膚科で行なっているレーザー脱毛を選びました。脇やふくらはぎは、よく聞くような「輪ゴムでパチンと弾かれるような痛み」でしたが、膝周りはもっとチクチクと強めに痛かったです。何回か受けるうちに、生えてくる毛が本当になくなり、今までカミソリや除毛剤で苦労していたのは何だったんだと思いました。それからは、堂々とスカートも履けるようになり、色んな服を着るのが楽しくなりました。ン十年たった今も、ツルツルのままです。

脱毛ラボ 栄